6月の結婚式・ジューンブライドならではの演出は?

結婚式で誓いのキスをする新郎新婦

欧米では「6月に結婚する女性は幸福になれる」という言い伝えがある「ジューンブライド」。「6月の花嫁」に憧れる女性も多いのではないでしょうか。

しかし、日本国内で6月といえば、ほとんどの地域が梅雨入りする時期。雨天の挙式を避けたい人が多いので、実際に結婚式を挙げるカップルは意外と少ないようです。

そのような背景から、式場の予約も取りやすいため、ジューンブライドは逆に狙い目だったりします。
今回はそんな6月だからこそできる、6月ならではの結婚式の演出をいくつかご紹介します。

メインテーブルにレインボーカラーの装花を取り入れる

虹色のあじさい(紫陽花)

雨上がりの空にかかる「虹」。虹=レインボーカラーの装花を取り入れた演出も、雨の日が多い6月ならではの趣向でしょう。

虹は7色から成り立っていると言われますが、実際はグラデーションになっており、それぞれの色に境目がないことから「平和」の象徴と考えられています。

これから「平和」な家庭を築いていくご新郎ご新婦にぴったりな演出ですね!

ボリュームたっぷりな「あじさいブーケ」で華やかに!

あじさい(紫陽花)

丸くて淡い色合いが可憐な「あじさい」は梅雨の季節を象徴するお花の一つ。
小さな花びらがたくさん集まり、ボリュームがあるので、ブーケや会場装花に最適です。

かすみ草のような小さくて愛らしい花を一緒に組み合わせると、より清楚な雰囲気に仕上がり、ジューンブライドの美しさを一層引き立ててくれるでしょう。

レストランウェディング会場装花の関連記事

お色直しのドレスに「あじさいカラー」を取り入れる

水色のドレスを着る女性

お色直しのドレスには、薄いブルーや水色、紫、薄ピンクなどの「あじさいカラー」を取り入れてみてはいかがでしょう?

淡い色合いのドレスは上品にまとまりますし、蒸し蒸しする梅雨シーズンには、涼しげなあじさいカラーが映えるでしょう。

ジューンブライドのドレスは「あじさいカラー」に決まりです!

温かいウェルカムドリンクとミニタオルを用意

休憩中(ティータイム)

ゲストが雨に濡れて冷えてしまったときのために、温かいウェルカムドリンクとミニタオルを用意しておくと良いでしょう。

一般的にウェルカムドリンクを出すタイミングは、ゲストが受付を終えたあとか、披露宴前の待ち時間です。雨の中わざわざご足労いただいたゲストには、精一杯のおもてなしをしましょう!

傘やあじさいをイメージしたプチギフトを用意

ギフト(プレゼント)

「プチギフト」とは、引き出物とは別に、結婚式に出席してくれたゲストへ、感謝の気持ちを込めて贈るものです。

梅雨の時期にありがたい「折り畳み傘」や、あじさいがモチーフとなった小物など、梅雨ならではのものをプレゼントすると良いでしょう。
ギフトを見るたびに、結婚式の思い出がよみがえってくるはずです。

結婚式当日が雨であれば、使ってもらったミニタオルや傘をそのままプレゼントしても良いかもしれません。

BGMを雨にちなんだ歌・曲にする

ピアノと楽譜と音楽

梅雨の時期に合わせ、BGMを「雨」にちなんだ曲にする、さりげない演出も素敵です。

ただし洋楽の場合は、「好きだから」「カッコいいから」などの雰囲気だけで決めないよう、歌詞の内容まできちんと調べておきましょう。
歌詞のテーマが「別れ」の曲を間違えて選んでしまうと、せっかくの結婚式が台無しになってしまいます!

ジューンブライドは、こだわりの演出ができるヴェントモデルノで!

ヴェントモデルノでは、ご新郎ご新婦が望まれるこだわりの演出を、可能な限りお手伝いさせていただきます。

オリジナリティーあふれる結婚式の様子はウエディングレポートにて紹介しております。

見学・相談フェアも開催していますので、ぜひお越しください。

ブライダルフェア情報

ジューンブライドに憧れるプレ花嫁さん、プレ花婿さんは、ぜひ一度ヴェントモデルノへ!

レストランウェディングにまつわるあれこれ

レストランウェディングとはTOP

最新のニュース

陽気で明るい
笑顔のスタッフが
お待ちしております。
いつでもお気軽に
お越しください。

会場見学はもちろん、
無料でご試食いただける
フェアなどを数多くご用意しています。

お気軽にご参加ください
楽しい
イベント
開催中

レストラン
に電話

ブライダル専用0120-919-485

火曜日定休/平日:11:00 - 19:00 土日祝:10:00 - 19:00

レストランのお問合せ・ご予約はレストランページをご覧ください

ブライダル
に電話