Blog & Informationi

ブログ・インフォメーション

レストランウェディングで夏におすすめの装花は?

花と女性

レストランウェディングの会場装花を決めるとき、何を重視して選びますか?
色、形、大きさ、雰囲気、結婚式にふさわしい花言葉…。

装花を選ぶ基準はたくさんありますが、迷ったときは「季節の花」を使ってみるのはいかがでしょう。
結婚式を挙げた季節がやってきて、そのお花を目にするたびに、あの良き日の想い出がよみがえってくるからです。

今回は夏におすすめの装花をご紹介します。
夏に結婚式を挙げようと考えているプレ花嫁さん、プレ花婿さんは要チェックです!

涼しげで心落ち着く「紫陽花(あじさい)」

あじさい(紫陽花)
まん丸でかわいらしい形が魅力の紫陽花(あじさい)。
「移り気」という花言葉から、装花としては避けられる傾向にありましたが、小さな花が集まる様から「家族団欒・家族の結びつき」という花言葉もついているため、6月の結婚式(ジューンブライド)ではよく見かけるようになりました。

お花にボリュームがあるので、メインの装花だけでなく、ブーケにもぴったりです。
薄いピンク色や淡いブルーなど、涼しげな色あいが式場を夏色に染めてくれるでしょう。

夏の太陽を連想させる「ヒマワリ」

ひまわり(ヒマワリ)

トレードマークの黄色い花びらが印象的なヒマワリは、夏を代表する花の一つ。
花の向きが太陽の方向を追うように動くことから、「私はあなただけを見つめる」という花言葉が生まれました。

明るく元気なイメージがある「ヒマワリ」は、会場全体の雰囲気を明るくしてくれること間違いなしです。

ハートの形をした「アンスリウム」

アンスリウム

アンスリウムはハート型の花びらが特徴的なため、結婚式にピッタリのお花です。
花の色は赤、白、ピンク、緑などがあります。

花言葉は「情熱」。
熱帯地方でよく見られる花で、鮮やかな色とツヤのある葉が、花言葉の「情熱」を連想させます。
トロピカルな雰囲気なので、夏のウェディングにはピッタリです。

上品に会場を彩る「デンファレ(Dendrobium、phalaenopsis)」

デンファレ

「デンファレ」は蘭の一種で、花の形は「コチョウラン」に似ています。
花言葉は「お似合いのふたり」。まさに結婚式にぴったりのお花です。

一つひとつのお花は小さいのですが、優雅に、そして上品に会場を彩ってくれるでしょう。

色はピンクがかった紫がよく流通していますが、黄色、緑、青、白など、種類も豊富です。

デンファレの関連記事

南国のリゾート気分を演出!オリジナリティーあふれる結婚式

万華鏡のように美しい「ダリア」

ダリア

小さな花びらが均等に重なる模様が万華鏡のように美しい「ダリア」。
花言葉は「華麗」「優雅」と、見た目のインパクトどおりと言えます。

着物にもよく合うので、和装のブーケにも用いられます。

小さく可憐な「なでしこ」

なでしこ

「秋の七草」としても知られている日本のお花です。
花言葉は「純愛」。

花の色は、ピンク、白、赤があり、青々とした茎の緑によく映えます。

幸せの象徴「クローバー」

クローバー(シロツメクサ)

かつて「四つ葉のクローバー」を探した幼い頃を思い出す人も多いことでしょう。

クローバーの花言葉は「幸運」。古くから四つ葉は十字架に見立てられ、幸運のシンボルとされてきました。

「シロツメクサ」は、細く小さな花びらが集まった、丸くてかわいらしいお花です。
まるで野原の一部分を切り取ったかのようなナチュラルな雰囲気なので、派手な装花が苦手な方にはピッタリかもしれません。

ヴェントモデルノでこだわりの結婚式を!

ヴェントモデルノの花嫁さん

「おふたりの、そして家族との絆を感じる結婚式」より
千葉県船橋市のレストランウェディング会場「ヴェントモデルノ」では、フローリストと提携し、素敵な会場装花をご提供いたします。
「お母様が使ったブーケをアレンジして使いたい」といったこだわりにも、ヴェントモデルノはできる限りお応えします。

関東でレストランウェディングをお考えのプレ花嫁・プレ花婿さんは、千葉県船橋市にあるイタリアンレストラン「ヴェントモデルノ」での挙式をご検討ください。

レストランウェディングにまつわるあれこれ

レストランウェディングとはTOP

  • ヴェントモデルノスペシャルウエディング特設サイト
  • ヴェントモデルノブライダルフェア