Blog & Informationi

ブログ・インフォメーション

レストランウェディングで通年おすすめの装花は?

バラと時計

ウエディング会場を華やかに彩る会場装花。

お花の種類や、色の選択一つで式場の雰囲気はガラッと変わるものなので、ご自分が思い描く結婚式のイメージにぴったりな装花を選ぶことが重要になってきます。

「でも季節によって使えない花もあるのでは?」と心配する人も多いでしょう。

そこで今回は、一年を通して使うことができる、「レストランウェディングでおすすめの装花」をご紹介いたします。

凛とした雰囲気が漂う「カーネーション」

赤いカーネーション

5月の「母の日」に贈られる花としても知られる「カーネーション」。一年を通して購入可能ですが、「母の日」がある5月には少し価格が高くなるようです。

花言葉は「無垢で深い愛」。
薄い花びらが重なり合って、ふわっと広がる様は優雅で気品があります。

カーネーションの定番といえば鮮やかな真紅ですが、かわいらしい薄ピンクや白も装花にはおすすめです。

小さくて愛らしい「かすみ草(baby’s breath)」

かすみ草

花の一つひとつはとても小さいものですが、透明感と気品があります。
小さくて愛らしい見た目から、海外では“baby’s breath”(赤ちゃんの吐息)と呼ばれています。

花言葉は「清らかな心」。
主張の少ない地味な花かもしれませんが、その上品で繊細なたたずまいは、レストランウェディング会場の雰囲気作りに一役買ってくれるはずです。

華々しい存在感を発揮する「トルコキキョウ」(春〜秋)

トルコキキョウ

バラに似た形で、華々しくも優雅で柔らかな雰囲気を兼ねそなえる「トルコキキョウ」(Lisianthus)。

花言葉は「すがすがしい美しさ」。
色は白、みどり、紫、ピンクなどがあり、カラーコーディネートの中心に据えるのにピッタリなお花です。

花の一つひとつにボリュームがあり、その堂々とした佇まいは、広いレストランウェディング会場でも立派に映えるでしょう。

周囲を温かく陽気にしてくれる「ガーベラ」(春〜秋)

ガーベラ

ひまわりに似た形をしており、明るく陽気な気分にしてくれます。

花言葉は「希望」「美しさ」。
色は赤、ピンク、白、黄、オレンジがあり、鮮やかで温かみのある色はレストランウェディング式場を元気に彩ります。

爽やかな色をもつ「ブルースター」

ブルースター

青い5枚の花びらが星のように見えることから「ブルースター」と名付けられたお花です。
咲き始めは水色で、徐々に花びらが青くなり、咲き終わる頃には紫に変化します。

花言葉は「幸福な愛」。
「結婚式で青いものを取り入れると幸せになれる」(サムシングブルー)という古くから伝わるジンクスもありますので、結婚式の装花にはぴったりなのではないでしょうか。

「サムシングブルー」にまつわる関連記事

『イン・ハー・シューズ』みたいなレストランウェディング

ヴェントモデルノでは会場装花の演出もバッチリ!

ヴェントモデルノの花嫁さん

「手作りアイテムでつくる!アットホームな七夕のご結婚式♪」より

千葉県船橋市のレストランウェディング会場「ヴェントモデルノ」では、フローリストと提携し、素敵な会場装花をご提供いたします。
「手作りのブーケで挙式がしたい」といったご要望にも、できる限りお応えします。

関東でレストランウェディングをお考えのプレ花嫁・プレ花婿さんは、千葉県船橋市にあるイタリアンレストラン「ヴェントモデルノ」での挙式をご検討ください。

レストランウェディングにまつわるあれこれ

レストランウェディングとはTOP

  • ヴェントモデルノスペシャルウエディング特設サイト
  • ヴェントモデルノブライダルフェア