Blog & Informationi

ブログ・インフォメーション

真っ赤なウェディングドレスがチャーミング♪映画『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜

以前このコーナー「映画みたいなウエディング」でもご紹介した『ラブ・アクチュアリー』の脚本・監督であり、『フォー・ウェディング』の脚本も手がけたリチャード・カーティスの監督作『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』。
雨に濡れながらも楽しげに笑い合うヒロインと主人公のメインビジュアルが印象的な映画です。

大都市ロンドンのほか、グレートブリテン島南西端のコーンウォールなどを舞台に、ハートウォーミングな愛の物語が展開されていきます。

魅力的に描かれる登場人物やストーリー展開だけでなく、イギリスの風光明媚な景色を観光気分で楽しめるのも、この映画の重要なポイントです。

リチャード・カーティス監督に関連する記事
『ラブ・アクチュアリー』みたいなウエディング
『フォー・ウェディング』みたいなウエディング

映画『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』のあらすじ

コーンウォールの海辺

どこまでも続く美しい海岸線。イギリス最果ての地・コーンウォールに住む21歳の青年ティム(ドーナル・グリーソン)は、両親と妹、伯父の5人暮らし。週末にピクニックをしたり、野外映画上映会を楽しんだりする仲良し一家です。

ティムの目下の悩みは、いまだに彼女ができないこと。
あるとき父(ビル・ナイ)から、一家の男性にはタイムトラベル能力があることを明かされて驚きますが、ティムはその能力を彼女づくりに使うことを決意。
以来何度もタイムトラベルを繰り返します。

弁護士を目指してロンドンに上京したのち、メアリー(レイチェル・マクアダムス)というチャーミングな女性と出会って恋に落ちるティム。
ところがタイムトラベルを繰り返すうちに、二人の出会いは無かったことになってしまいます。

再度タイムトラベルを駆使して彼女と再会を果たし、紆余曲折の末に無事結婚して子供ももうけ、幸せな時間を過ごす二人。
しかし、タイムトラベルではどうしても回避できない、ある出来事が彼を襲います。

家族との幸せな時を過ごすため、父はタイムトラベルにまつわる秘訣を伝授。
ティムはタイムトラベルを通して、「人生においてもっとも大切なものは何なのか」を深く考えることになるのです。

「アビーロードの渋滞」シーンも必見!

アビー・ロード

以降は未公開のシーンになりますが、あのビートルズのレコードジャケットで有名な観光スポット「アビーロード」にまつわる名場面をご紹介しましょう。

出産間近の愛妻メアリーを産婦人科へ送るべく、急いで車を走らせるティムでしたが、観光スポットであるアビーロードへ間違えて進入してしまいます。
一刻を争うというのに大渋滞に巻き込まれ、ただでさえマタニティーブルーなメアリーは激昂。

のんきな観光客たちで賑わうアビーロードに走り出て、土下座をせんばかりに「早く記念撮影を済ませて!」とお願いするティムでしたが、いつの間にか撮影役を買って出て、構図やポーズの指導まで始めてしまい、メアリーに呆れられるくだりは爆笑必至です。
主人公のお人好しっぷりがよくあらわれている、愛すべきシーンとなっています。

キュートな赤いウエディングドレスに惚れ惚れ♪な結婚式シーン

ウェディングドレス

この映画でもっとも印象に残るシーンは、なんと言っても雨と突風が吹きすさぶ結婚式シーン。

舞台は断崖絶壁が美しいコーンウォールの小さな漁村ポートロー。
クラシックな石造りの教会に、真っ赤なドレスをまとった新婦が登場すると、主人公目線で思わず感嘆のため息が出てしまうはずです。

しかし一歩外へ出れば「なにもこんな天気の中で撮影をしなくても…」と同情を禁じ得ないほど、傘は壊れ、ドレスやスーツは上から下まで全身ずぶ濡れになるほどの大荒れ模様。

でも、そんなお天気にもかかわらず新郎新婦が幸せいっぱいに見えるのは、ヒロインのチャーミングな笑顔のおかげでしょう。

映画みたいな結婚式を挙げるなら「ヴェント・モデルノ」へ!

お庭からご登場する新郎新婦

これから結婚式をお考えの方は、ぜひ当ヴェント・モデルノでの挙式をご検討ください。
ヴェントモデルノでは、広いお庭がある一軒家を貸し切り、イタリアを感じさせるアットホームな結婚式を実現できます。
素材を大切にする本格イタリア料理と、ゆっくり食事が楽しめる「美味しい結婚式」も魅力のひとつです。

東京近郊で結婚式場をお探しの方は、船橋にある当式場へぜひご相談ください。

その他の記事を読む

映画みたいなウエディングTOP

  • ヴェントモデルノスペシャルウエディング特設サイト
  • ヴェントモデルノブライダルフェア