Blog & Informationi

ブログ・インフォメーション

『ベスト・フレンズ・ウェディング』みたいなウエディング|千葉県船橋市の結婚式場・ヴェントモデルノ

映画『ベスト・フレンズ・ウェディング』みたいなウエディング
90年から00年代を代表するハリウッドスターであり、恋愛映画のアイコンとして君臨するジュリア・ロバーツ。

今回取り上げる『ベスト・フレンズ・ウェディング』は、まさに彼女の全盛期ともいえる1997年に公開され、恋愛映画の世界に金字塔を打ち立てました。
バート・バカラックやトニー・ベネットらによる往年の甘い名曲も、映画に華を添えています。

『ベスト・フレンズ・ウェディング』のあらすじ

『ベスト・フレンズ・ウェディング』のあらすじ
一時は恋人同士だったこともある親友のマイケル(ダーモット・マローニー)から、唐突に結婚するという報告を受けたグルメライターのジュリアン(ジュリア・ロバーツ)。
28歳までお互い独身だったら結婚しようという誓いを立てていた間柄だけに、ジュリアンは慌てふためきます。

ニューヨークから結婚式がおこなわれるシカゴへと飛び、結婚をなんとか取りやめさせようと画策。
若さあふれるブロンド美女の婚約者キム(キャメロン・ディアス)からプライズメイド(花嫁介添人)のリーダーを頼まれ、とても穏やかではいられません。

はたしてジュリアンの画策はうまくいくのでしょうか?

ちなみにヒロインの友人であり良き相談役でもあるジョージを演じるのはルパート・エヴェレット。
彼のTV版日本語吹き替えは草刈正雄さんが当てており、ジョージの伊達男ぶりを際立たさせるはまり役となっています。

目もくらむような豪華なチャペル

目もくらむような豪華なチャペル
新婦キム(キャメロン・ディアス)の一家が球団オーナーだけあって、式場はとっても豪華!
ヨーロッパ風建築の広大なチャペルには、思わず目がくらみます。

祭壇の上段にある2階席には聖歌隊がずらっと並び、荘厳な賛美歌が奏でられる中、お揃いのかわいらしいブーケを手にしたプライズメイド(花嫁介添人)たちとラベンダー色のドレスをまとったジュリアン(ジュリア・ロバーツ)が入場。

続いて、父とともに純白の花嫁・キムがヴァージンロードを歩いてやってきます。彼女を見つめるマイケル(ダーモット・マローニー)の笑顔は幸せそのものです。

豪華な夜の披露宴会場も見もの!

豪華な夜の披露宴会場も見もの
場面は変わって夜。
ガーデンウエディング・スタイルの披露宴は、プール脇にマーキーテントが設えられた会場で開催されます。

緊張気味なアッシャー(花婿介添人)の挨拶でパーティーはスタート。
テーブルや柱には純白のユリやバラの花が飾られ、花嫁の美しさを引き立てます。

夜の庭園の道を花火が彩り、花火の中をウエディング・カーで駆け抜けて去って行く新郎新婦たち。

幸せいっぱいの二人が去っていったあとの会場ではダンスパーティーが繰り広げられ、そこでジュリアン(ジュリア・ロバーツ)はある人物に出会い、最大の見せ場へと向かいます。

ガーデンウエディングならヴェントモデルノへ

ガーデンウエディングならヴェントモデルノへ
映画『ベスト・フレンズ・ウェディング』みたいなガーデンウエディングを挙げたい!

そんな方は、ガーデンつきの一軒家レストランで挙げる、ヴェントモデルノのウエディングはいかがでしょう。

「ヴェントモデルノ」では、広大なお庭がある一軒家を貸し切り、イタリアのようなアットホームで陽気感あふれる結婚式を実現できます。

素材を大切にする本格イタリア料理と、ゆっくり食事が楽しめる「美味しい結婚式」も魅力のひとつとなっています。

『ベスト・フレンズ・ウェディング』のように超豪華なウエディング!とまではいきませんが、クラシカルな雰囲気で異国情緒を楽しめる会場となっています。

東京近郊の、のどかな環境で素敵なレストランウエディングを挙げたい。
そんな結婚式場をお探しの方は、千葉県船橋市の当式場へぜひどうぞ!
千葉・みなと・幕張・浦安・松戸・柏・八千代・佐倉・埼玉三郷などからのアクセスも良好です。

  • ヴェントモデルノスペシャルウエディング特設サイト
  • ヴェントモデルノブライダルフェア